展覧会 → 開催中の展覧会

開催中の展覧会

多摩美術大学美術館コレクション展 みつめる×かんがえる

そうぞうのマテリアル


会期   2022年4月2日(土)-9月4日(日)
休館日  火曜日 ※ただし、5月3日(火・祝)は開館
     5月6日(金)、および展示替え期間[6月27日(月)-30日(木)]
開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)
入館料  一般300円(200円)
     ※(  )は20名以上の団体料金
※障がい者および付添者、学生以下は無料


主催   多摩美術大学美術館



2022/04/01

展覧会 / 開催中

多摩美術大学美術館コレクション展 みつめる×かんがえる「そうぞうのマテリアル」





多摩美術大学美術館コレクションから4つのマテリアル「水(みず)・木(き)・金(きんぞく)・土(つち)」にまつわる作品を展示いたします。


現代において「美術」の意味で使用される言葉「アート=art」は、その語源を辿ると、芸術はもとより医療術・料理術・説法術など「わざ」全般を指していました。生きるために必要なものをつくる行為と、私たちの心に豊かさをもたらす美術作品の制作は、ともに創造に向かって地上にある素材を用い、わざを駆使するプロセスです。

ここでは水・木・金・土という4つの素材を取り上げ、素材そのものの物質的特性と表現のつながりに目を向けます。古代から現代まで当館コレクションを広く紹介し、人の営みや精神との密接な関係から生まれた多様なイメージを探っていきます。私たちの身の回りにある素材の細部をみつめて感性をひらくことで、つくり手と素材との間で交わされた幾重もの対話を想像し、人と素材との関係性について改めてかんがえる機会となれば幸いです。


「水」
常にゆらぎ流転しながら、心の深淵をうつし出す鏡となる
「木」
いにしえより暮らしや文化を育み、生き方や生命そのものを象徴する
「金」
堅牢かつしなやかに千変万化、輝き・強さ・はかなさの創造を叶える
「土」
生命を育む母であり、私たちの足もとを支え、郷愁を呼び覚ます





関連イベント


ダウンロード




お願い

新型コロナウイルスの拡大・収束状況により、開催状況およびイベント内容が変更となる場合もございます。
最新情報は多摩美術大学美術館のHP にてお知らせいたしますので、ご確認ください。また感染拡大防止のため、
ご来館にあたっては、マスクの着用や検温、混雑時の入場制限にご協力をいただいております。