若林奮 Dog Field

若林奮 Dog Field

DRAWING 1980-1992


会期  2010年6月30日(水)ー2010年7月25日(日)
休館日 火曜日
入館料 一般 300円(200円)大・高校生 200円(100円)
    ※障がい者および付添者、中学生以下は無料
※(  )内は20名以上の団体割引料金


主催  多摩美術大学
    多摩美術大学若林奮研究会
協力  多摩美術大学油画研究室



2022/11/05

未分類



本学教授を務めた現代日本を代表する彫刻家、若林奮(1936-2003)についての共同研究の成果展の第3弾です。1980年代の彫刻作品やドローイング、資料等を中心に展示します。


国内では唯一1997年に高知県立美術館で展示された大作の彫刻「Dog Field I、Dog Field II (1992)」、また同年作「The First White Core II」さらに未発表エスキースや小品。そして1980年から1992年までの、若林奮が日々描き続けたドローイング約200点(サルファードローイングを含む)を展示する。2005年〈若林奮 くるみの樹 DRAWING 1999-2003〉、2007年〈若林奮 DAISY 1993-1998〉につづく、多摩美術大学若林奮研究会企画による第3回展。



[関連イベント]

■講演会「思索する犬と彫刻家」
日時 7月3日(土)14:00-15:30
講師 鍵岡正謹(岡山県立美術館長)
会場 多摩美術大学美術館1F多目的室
定員 100名 参加無料(入館料が必要になります)

■対談「若林奮-素材・制作・配置」
日時 7月17日(土)14:00-15:30
講師 佐藤亮司(造形作家)
   袴田京太朗(彫刻家/武蔵野美術大学教授)
司会 小泉俊己(多摩美術大学教授/若林奮研究会代表)
会場 多摩美術大学美術館1F多目的室
定員 100名 参加無料(入館料が必要になります)