展覧会 → 過去の展覧会 → 日本現代ファイバーアート展 

日本現代ファイバーアート展 

-共鳴する繊維-


会期  2011年6月4日(土)ー2011年7月3日(日)
休館日 火曜日
入館料 一般 300円(200円)大・高校生 200円(100円)
※障がい者および付添者、中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体割引料金


主催  多摩美術大学美術館
    NPO国際テキスタイルネットワークジャパン
協力  ジャパンソサエティー(NY)
後援  外務省文化庁
    日本テキスタイルデザイン協会
    株式会社 染織と生活社
    株式会社 繊研新聞社
    NPO 市民の芸術活動推進委員会
    多摩美術大学校友会
助成  野村財団
    国際交流基金
協賛  東京アートセンター



2022/01/31

展覧会 / 開催終了



染織や繊維を用いた現代アートについて、第一線で活躍する日本人アーティストの選抜企画展。52名が参加し、そのうち30名の作品は、2011年10月にニューヨークのジャパンソサエティー・ギャラリーにて巡回展示されます。


様々な繊維素材に着目し、独自の美術表現や空間性を創出するファイバーアートは、20世紀後半に台頭した新しい分野ですが、日本の地にも浸透し、豊かな染織文化の歴史と伝統技術をもつ土壌の中で様々な作家が育ちました。
繊維の持つ柔軟性、独特のテクスチャー、素材的な感性が様々な技法と表現を超えて共鳴し、挑戦と進化をすすめてくれていると期待される分野でもあります。21世紀は更に新しい価値や表現の形態が生まれるに違いありません。
このファイバーアートに取り組み、国内外で活躍する日本のアーティストたち52人による、多彩で才気にあふれた作品の競演となるこの展覧会は、現代日本のファイバーアートの現状と未来を世界に発信する機会になることでしょう。
この展覧会は日本での開催の後、30作家が選抜され、ニューヨークのジャパンソサエティーなどを巡回する予定です。


[出品作家]

上野真知子、阿久津光子、新井淳一、荒川朋子、石井香久子、伊部京子、弥永保子、岩田清美、牛尾卓巳、大高亨、岡野優、岡本直枝、小川倫代、小野文則、小野山和代、片岡葉子、菊池加代子、草間喆雄、久保田繁雄、熊井恭子、熊澤明子、小泉伸子、小林尚美、小林瑠璃、小山欽也、齋藤麗、佐伯和子、鈴木純子、須藤玲子、関島寿子、芹野直子、徂徠友香子、髙須賀活良、高山けい子、田中孝明、田中秀穂、谷川鶴子、椿操、富田紀子、永井ひとみ、中川裕孝、長沢桂一、中島直美、中野恵美子、仁尾敬二、濱谷明夫、藤本哲夫、藤原大、水谷恵子、吉岡敦子、若松美佐子、わたなべ ひろこ



[関連イベント]

■演奏
多摩美術大学和太鼓研究会による演奏
日時 6月4日(土)15:00-
場所 1F展示室