展覧会 → 過去の展覧会 → コドモノクニへようこそ
絵が歌いだすワンダーランド

コドモノクニへようこそ


会期  2012年6月30日(土)ー2012年9月2日(日)
休館日 火曜日
入館料 一般 300円(200円)大・高校生 200円(100円)
    ※障がい者および付添者、中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※7月21日(土)、22日(日)はオープンキャンパスのため無料


主催  多摩美術大学美術館
協力  イルフ童画館
    ギャラリーTOM
    古河文学館
    古河歴史博物館
    株式会社 ハースト婦人画報社
    財団法人盛岡市文化振興事業団
    盛岡市
    弥生美術館
協賛  株式会社資生堂
後援  古河市
    古河市教育委員会
    多摩市教育委員会



2022/01/22

展覧会 / 開催終了





“子ども達に本物を、芸術性高きものを”をモットーに大正11年に生まれた月刊絵雑誌、コドモノクニ。コドモノクニからは詩人北原白秋、野口雨情や作曲家中山晋平らによって数々の童謡の名作が生まれ、挿絵では武井武雄や岡本帰一、清水良雄、初山滋、本田庄太郎、川上四郎、深澤省三、蕗谷虹児らが活躍し、画家、文学者、作曲家によるコラボレーションでした。本展は創刊時に編集長だった鷹見久太郎の視点を読み解きながら、コドモノクニという絵雑誌のメディアが果たした役割をみていきます。


コドモノクニは大正11年(1922)1月に創刊され、終刊の昭和19年3月までの約23年間に287冊が刊行された月刊絵雑誌です。2歳から7歳の子どもと親子を対象にしたビジュアルと文学、音楽性を併せ持った革新的な総合絵雑誌でした。コドモノクニからは詩人北原白秋、野口雨情や作曲家中山晋平らによって数々の童謡の名作が生まれ、挿絵では武井武雄や岡本帰一、清水良雄、初山滋、本田庄太郎、川上四郎、深沢省三、竹久夢二、村山知義らが活躍しました。創刊時に編集長を務めていた鷹見久太郎(1875-1945)は“子ども達に本物を、芸術性高きものを”というコンセプトを掲げ、そのもとに画家、詩人、音楽家が結集し、夢のような絵雑誌が実現したのです。
鷹見は国木田独歩による独歩社を引き継ぎ、明治40年に東京社を創業。独歩社から引き継いだ婦人画報とともに、明治45年には婦人画報の姉妹版である少女画報の創刊を手掛けました。そして大正11年にコドモノクニの創刊を果たします。鷹見は他にも子ども向けの漫画雑誌、子供パックなど女性や子どもを対象とした雑誌に力を入れました。昭和6年にコドモノクニを離れた後、自ら子供の天地社を設立し、コドモノテンチを創刊。コドモノテンチでは、コドモノクニのエッセンスをより色濃く反映させながらも時代に敏感な感覚を発揮しました。
この展覧会ではコドモノクニ、コドモノテンチと関連の原画を中心に約230点を展示し、編集者鷹見久太郎の雑誌作りへの視点を読み解きながら、コドモノクニの魅力にせまります。ビジュアルの斬新さと詩の美しさ、童謡の楽しさがつまったコドモノクニは、時代を経た今でも色褪せず、子どもへ向けられた情熱が伝わってきます。


[関連イベント]
3、4を除くイベントの参加費は無料ですが、いずれも入館料は必要です。

1.座談会「コドモノクニの周辺:鷹見久太郎と野口雨情」
講師 鷹見本雄(コドモノクニ研究者)
   野口存彌(近代文学研究者)
   仙仁司(元多摩美術大学美術館学芸員)
日時 7月7日(土)14:00ー16:00
会場 多摩美術大学美術館 多目的室
定員 100名/参加自由

2.朗読会「絵が語りだす朗読の世界へ」
対象 高校生以上
講師 おつきゆきえ(朗読家)
日時 7月12日(木)13:00ー14:30 
会場 多摩美術大学美術館 多目的室
定員 50名/参加自由

3.ワークショップ「つくって遊ぼうワクワクカルタ」
対象 小学生
講師 多摩美術大学 絵本創作研究会
日時 8月19日(日)又は26日(日)いずれか 10:30ー12:30
会場 多摩美術大学美術館 多目的室
定員 20名
参加料 500円(要予約)
事前申し込み方法 ※応募受付けはすべて終了いたしました。
ハガキのみのお申し込みとなります。下記を明記の上、お送り下さい。(電話・メールでの受付はしておりません)
①ご希望の日程 ②ご住所・電話番号 ③氏名 ④生年月日
※締切8月1日(水)必着。申込者多数の場合、抽選の上、8月8日(水)までにご連絡いたします。
宛先 〒206-0033 多摩市落合1-33-1
   多摩美術大学美術館「ワクワクカルタ係」宛

4.ワークショップ「あそびじゅつ『ことばから描くきみの国・きみの世界』」
対象 小学生
講師 海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)
日時 8月4日(土)10:30ー15:30 
会場 多摩美術大学美術館 多目的室
定員 40名
参加費 1500円(要予約)
事前申し込み方法 ※応募受付けは終了いたしました。
下記を明記の上、ハガキにてお申込みください。
①ご住所・電話番号 ②氏名(フリガナ) ③性別 ④生年月日
※締切7月13日(金)必着。申込者多数の場合、抽選の上、7月20日(金)までにご連絡いたします。
宛先 〒158-8558 世田谷区上野毛3-15-34
   多摩美術大学 生涯学習センター「ことばから描く係」宛
生涯学習センターのホームページはこちら