展覧会 → 過去の展覧会 → 多摩美術大学博士課程展2015

多摩美術大学博士課程展2015


会期  2015年3月4日(水)-2015年3月23日(月)
休館日 火曜日
入館料 無料

主催  多摩美術大学



2022/01/31

展覧会 / 開催終了





2001年度に開設された多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程は、本年度第12期の学位取得者を出すことになりました。


本課程は、美術・デザインにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成を目的としています。院生たちは絵画・彫刻ほか、それぞれの研究分野に取り組むとともに、相互の討議を通じて幅広い視野を養ってきました。その研鑽の成果を問うべく第12回博士課程展を開催します。



[第12回博士課程展 出品者]
金宰弘 キム・ジェホン(韓国/釜山出身)
堤涼子 ツツミ・リョウコ(東京出身)
中尾拓哉 ナカオ・タクヤ(東京出身)
PISARIKOVA Karin ピサリコヴァ・カリン(チェコ/ブルノ出身)
BELL Woodson Renick ベル・ウッドサン・レニック(アメリカ/テキサス出身)


多摩美術大学博士課程 研究室サイト



[関連イベント]
■研究発表(理論系)
堤涼子氏「ニワ文化のデザイン論 -人の動きと空間構成の関係から-」
中尾拓哉氏「マルセル・デュシャンとチェス」
日程 2015年3月8日(日)
時間 13:00~
会場 多摩美術大学美術館3階ホール
参加費 無料

■出品作家ギャラリートーク
日程 3月8日(日)
時間 15:00ー
会場 多摩美術大学美術館1・2階展示室
参加費 無料

■2014年度博士学位論文公開発表会
日程 3月21日(土)
時間 10:00ー
会場 多摩美術大学八王子キャンパス レクチャーCホール
※博士課程展とは会場が違います。ご注意ください。
参加費 無料