展覧会 → 過去の展覧会 → Shibori-融合と進化
The 11th International SHIBORI Symposium 2018 in JAPAN

Shibori-融合と進化


会期   2018年7月1日(日)-8月19日(日)
休館日  火曜日
開館時間 10:00-18:00(入館は17:30まで)
入館料  一般300円(200円)大・高校生200円(100円)
     ※7月14日(土)・15日(日)はオープンキャンパスのため無料
※( )は20名以上の団体料金 
※ 障がい者および付添者、学生以下は無料


主催   ワールド絞りネットワーク(WSN)、第11回国際絞り会議 2018 in Japan
共催   多摩美術大学美術館



2022/08/26

展覧会 / 開催終了





今年山形で開催される「第11回国際絞り会議」とタイアップした現代ファイバーアート展です。「触発と異層-SHIBORI」(2005年)に続く企画展となります。


1992年に名古屋で立ち上げた国際絞り会議は世界各地をまわり、第6回国際絞り会議が2005年に多摩美術大学で行われました。それから13年が経ち、第11回国際絞り会議が山形県で開催されることとなりました。日本での会議開催にあたり、様々な企画や行事の一環として、多摩美術大学美術館では国内外で活躍する約40名のアーティストによる絞りをテーマとしたファイバーアートの創作造形作品展「Shibori-融合と進化」を開催いたします。


太古より人類は絞りを原点としながらも、広くそれぞれの染織文化を通して世界各地で交流を続けてきました。そうした人間の活動や創造には様々な文化や局面が存在しながらも、それらの融合と進化が繰り返されて来ました。"SHIBORI-絞り"にはそれらを象徴する不思議な色の境界や神秘な襞があります。この展覧会のタイトル「Shibori-融合と進化」には、参加するそれぞれのアーティストが国際共通語にもなっている原生的な"SHIBORI"から発想しながらも従来の伝統的な領域を越えて、各々のイメージや自由な解釈の表現を通して"SHIBORI"が融合し合い、あらたな展開や発見を提示する進化への期待が込められています。


[出品作家] 
任光輝、カロリーナ・イラリャズバル、マリーエレーネ・ガルトン 、JIANG Kinor & XU Rui、JIANG Kinor & WU Fan、ヨシ・アナヤ、エルサ・シャルティン、エバ・ラグネルト、カーリン・ルングレン・タリンガー、マーシャ・ミオーニ、ルーシー・アライ、アナ・リサ・ヘッドストローム、クリス・K・パルマー、マリア・ダヴィラ&エドゥアルド・ポルティロ、新井淳一(特別出品)、赤間洋子、安達大悟、荒川朋子、石塚広、弥永保子、牛尾卓巳、熊井恭子、後藤大樹、小林万里子、小林瑠璃、小山欽也、酒井稚恵、菅野健一、鈴木純子、須藤玲子、田中孝明、椿操、寺村サチコ、永井ひとみ、ばんばまさえ、八代利江子、渡邉三奈子 、わたなべひろこ



第11回国際絞り会議 in Japan ホームページ





関連イベント


刊行物

The 11th International SHIBORI Symposium 2018 in JAPAN Shibori-融合と進化

  • 多摩美術大学美術館
  • 2018
  • 52ページ
  • 縦高 297mm 横幅 210mm 厚み 4mm
  • 一般 1,500円 (学生 1,000円)