展覧会 → 過去の展覧会 → 生誕120年記念 福沢一郎
多摩美術大学美術館コレクション展

生誕120年記念 福沢一郎

― 語りて屈さぬ絵画の地平 ―


会期   2018年12月15日(土)ー2019年2月24日(日)
休館日  火曜日・年末年始[12月25日(火)ー1月5日(土)]
開館時間 10:00-18:00(入館は17:30まで)
入館料  一般300円(200円)大・高校生200円(100円)
     ※( )は20名以上の団体料金 
※ 障がい者および付添者、学生以下は無料


主催   多摩美術大学美術館
協力   一般財団 福沢一郎記念美術財団



2022/02/04

展覧会 / 開催終了





多摩美術大学が所蔵する福沢一郎の全作品を一堂に展示いたします。


福沢一郎(1898-1992)は群馬県北甘楽郡富岡町(現在の富岡市)に生まれました。1918年(大正7)旧制第二高等学校を卒業した後、東京帝国大学(現在の東京大学)文学部に進学しますが、彫刻家朝倉文夫に師事します。そして1923年(大正12)の関東大震災を機にフランス留学を思い立ち1924年(大正13)から1931年(昭和6)までの7年間をパリで過ごしました。1924年(大正13)9月にはアンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を発表し、福沢も大きく刺激を受けます。福沢はパリ到着後、彫刻から絵画へ制作が変化し、サロン・ドートンヌ展への出品、1930年協会展への参加、第16回二科展や第1回独立美術協会展の特別陳列など精力的に創作活動を展開しました。

帰国後、1939年(昭和14)に美術文化協会を結成。そして、旺盛な活動の最中であった1941年(昭和16)4月5日に治安維持法違反の疑いにより6ヶ月間逮捕拘束されます。しかし、戦後はすぐに持ち前の行動力を軌道に乗せ、盛んな活動と創作を国内外に示し続け、無所属となった1957年(昭和32)以降も人間や社会をテーマに旺盛な制作活動を展開しました。 また、主題を如何に表現するかということを追求し続け、その一貫した制作姿勢と豊かな構想力に裏打ちされた作品は日本の画壇に異彩を放つとともに、常に美術界のリーダーとして活躍しました。これらの功績が高く評価され、1978年(昭和53)に文化功労者、1991年(平成3)には文化勲章を受章しました。

また、多摩美術大学や女子美術大学では長期にわたって学生を指導し、教育者としても大きな足跡を残しています。本展では福沢一郎の生誕120年を記念して、パリ時代から晩年までの多摩美術大学が所蔵する全作品を展示いたします。





刊行物

多摩美術大学美術館コレクション展 生誕120年記念 福沢一郎ー語りて屈さぬ絵画の地平ー

  • 多摩美術大学美術館
  • 2018
  • 58ページ
  • 縦高 298mm 横幅 210mm 厚み 6mm
  • 無料配布