展覧会 → 過去の展覧会 → 古布 ―無名の妙―

古布 ―無名の妙―

坂田和實・蒐集の審美


会期   2019年6月1日(土)ー7月15日(月・祝)
休館日  火曜日
開館時間 10:00ー18:00(入館は17:30まで)
入館料  一般300円(200円)大・高校生200円(100円)
     ※7/13(土)・14(日)はオープンキャンパスのため入館無料
※( )は20名以上の団体料金
※障がい者および付添者、学生以下は無料


主催   多摩美術大学美術館
協力   株式会社大和プレス



2022/08/26

展覧会 / 開催終了





「普段使いの日常品」に着目し、独特の審美眼で坂田和實が蒐集した古布たち。国内及び海外の布を古道具と併せて展示します。



坂田和實(1945- )は1973年に目白の古道具店「古道具坂田」を開き、「普段使いの日常品」に着目し、独特の審美眼を向け続けた品々を蒐集、紹介し続けることで共感者を増やし、その美学も浸透していきました。そしてそれらは古道具ばかりでなく、雑貨、ファッション、インテリアなど多方面にわたり影響を与えました。決して高名でも、確立された価値や様式でもない「無名のものたちによる妙」は私たちを魅了します。


この展覧会では、坂田和實の蒐集による、洋の東西や幅広い年代にまたがる時空を越えて遺された古布たちに焦点を当てます。人間が生まれて初めて触れる素材といわれる「布」(繊維)による生産物は、日常生活の道具として、また祈りの対象としてその造形と表現が見出されてきた古布たちです。そしてそれらと関わりのある古道具とともに展示します。観る者や展示空間を体験する者にとって、古布たちとの出会いを楽しめる機会となることでしょう。





関連イベント


刊行物

「古布 ―無名の妙― 坂田和實・蒐集の審美」

  • 多摩美術大学美術館
  • 2019
  • 80ページ
  • 縦高 260mm 横幅 210mm 厚み 7mm
  • 一般 1,500円 (学生 1,000円)