展覧会 → 過去の展覧会 → 真喜志勉 TOM MAX Turbulence 1941-2015

真喜志勉 TOM MAX Turbulence 1941-2015


会期   2020年7月4日(土)ー9月22日(火・祝)
休館日  火曜日[※9/22(火・祝)は開館]
開館時間 10:00ー17:00(入館は16:30まで)
入館料  一般300円(200円)
     ※(  )は20名以上の団体料金
※障がい者および付添者、学生以下は無料


主催   多摩美術大学美術館
共同企画 町田恵美
特別協力 真喜志民子、真喜志奈美
協力   沖縄県立博物館・美術館、ぺんとはうすOB.OGのみなさま
助成   公益財団法人 朝日新聞文化財団、公益財団法人 三菱UFJ信託地域文化財団



2022/02/04

展覧会 / 開催終了





ネオダダやポップアートの手法を織り交ぜながら、同時代の沖縄を写し出す独自の作風を切りひらいた美術家・真喜志勉(1941-2015)の足跡を辿る。


このたび多摩美術大学美術館では、沖縄を拠点に活動した美術家・真喜志勉(1941-2015)の足跡を辿る展覧会を開催いたします。真喜志はネオ・ダダやポップ・アートの手法も織り交ぜながら、沖縄の同時代を写し出す作風を切りひらきました。美術団体等には所属せず、1970年代以降ほぼ毎年個展を開催し、およそ50年にわたり新作を発表し続けました。
長い戦後を歩んできた沖縄において、真喜志の作品から沖縄が基地の島として晒されてきた社会背景を読み解くことができます。一方で、ジャズをこよなく愛した真喜志は、アメリカ文化への憧れも隠しませんでした。様々な要因がもたらす「複雑さ」も内包する表現は、時に飄々としたユーモアを持って、時にあふれんばかりの感情と緊張感を持って、見る人の心を揺さぶります。
本展ではその膨大な画業のなかから作家旧蔵の約100点を紹介します。沖縄県外で真喜志の作品をまとめて見ることのできる初めての機会となります。


真喜志勉(まきし・つとむ 1941-2015)
沖縄県那覇市生まれ。1964年多摩美術大学絵画科油画専攻を卒業。沖縄の本土「復帰」直後の72年から約1年間ニューヨークに遊学。帰郷後、「絵画教室ぺんとはうす」を主宰しながら、ほぼ毎年個展を開催。TOM MAXの愛称で知られ、2015年に急逝。

Series:見えない線/Hidden Line
多摩美術大学美術館では、全国各地で活動する作家を紹介する展覧会を開催しています。その柱のひとつとして「見えない線 / Hidden Line」シリーズを展開します。多様なインフラによりあらゆる場所にアクセスが可能になった現在において、作家の表現を通じて、人と場所の関わりを再考するものです。本展はその1回目となります。





関連イベント


刊行物

真喜志勉 Turbulence 1941-2015

  • 多摩美術大学美術館
  • 2020年発行
  • 106ページ
  • 縦高 250mm 横幅 188mm 厚み 25mm
  • 一般 2,000円 (学生 1,500円)

真喜志勉 Turbulence 1941-2015 Document

  • 多摩美術大学美術館
  • 非売品


記録写真




ダウンロード